展覧会情報 「行ってきます!!」西村のんき展

9月から1年間、ポーランドに行ってきます‼

(TURNING POINT 退職)

芸術に立ち向かうにはまだまだ若くて経験が浅い私ですが、少しでも人生の肥やしにしたいと考えています。
これまでの人生58年は私にとって楽しく充実した日々でした。
これまでの経験をバネにして、より大きなものに立ち向かっていくつもりです。
その前にこの個展「行ってきます‼」を開催します。

(MONUMENT 作品群)

私の関心は私たちが生きているこの宇宙について、そして私たちの命はどこから来てどこへ行くのか、ということにあります。
現代科学が行き着いたマクロなそしてミクロな物理学の中にあるのです。
宇宙の果てを垣間見ることは、マクロにおいてもミクロにおいても均整の取れた法則を追求することです。
世界は美しくシンプルな数式で表されます。求めても求めても、崩れていく均整を頭脳が解き明かしてくれます。
ほんの1世紀前まで現世来世があり、夜は妖怪たちがたむろしていました。
キツネも狸も人をばかし、自然は神とあがめられていました。私たちが今計算しているのは
来世の意味であり、妖怪たちの溜息であったり、キツネやタヌキの夢であったり、神の法則であるのかもしれません。
物質と反物質、光とダークマター、私の頭の中には複雑に絡み合う多次元の宇宙があります。
その一つ一つを紐解くことが私の制作活動です。
ここ数年の私の作品のコンセプトは、光は闇に向かってどこまでも直進し、闇もまた光に向かってどこまでも直進する
という均整の上に成り立っています。さらに、生命の入り口として女性を描くことで重なり合う宇宙の扉から漏れるエネルギーを導こうとしています。

(AUSCHWITZ 追伸)

アウシュビッツは、高度な科学技術を持った人類が越えなければならない壁であります。
戦争による極限的で大量の人権侵害・虐殺は、ナチスのアウシュビッツ同様、私たち日本人が犯した罪でもあるのです。

                                                 西村のんき

開催期間
2015年7月21日(火)~7月26日(日)
開館時間
11:00~19:00
(※月曜休館・最終日は17:00まで)
開催場所
SPACE B
展示内容
インスタレーション
作家名
西村のんき
〒556-0024 大阪市浪速区塩草3-2-12
Tel/Fax.06-6562-9292
E-mal: nonkies@nifty.com

展示風景

「行ってきます!!」1.JPG

「行ってきます!!」2.JPG

「行ってきます!!」3.JPG

「行ってきます!!」5.JPG

西村のんき

1957年 大阪に生まれる

<個展>
1981年 大阪 靭ギャラリー個展
     以後、20回個展(大阪、京都、東京)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2007年 東京 ギャラリイK推薦作家展 知性の触覚2007 それぞれの他者 個展
2008年 チャン・ウォン・ギャラリー 個展(韓国)
2010年~2013年 ギャラリーかのこ 個展(大阪)
2013年 イゴン・ギャラリー 個展(韓国)
<グループ>
2001年~2009年 国際インパクトアートフェスティバル(京都市美術館)
2003年、5年、8年 現代アーティストセンター展(東京都美術館)
2004年~2006年 現代美術インディペンデントCASO展(海岸通ギャラリーCASO)
2005年~2009年 千早赤阪村野外美術展(大阪 千早赤坂村)
2007年~2014年 NETWOLRK21ⅽ(韓国)
2015年 三国人展(韓国)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2009年 タシケント・ビエンナーレ2位 受賞(ウズベキスタン)

Back

PAGE TOP