展覧会情報 八木慎二郎 「やぎしんじろう」

八木慎二郎氏によるセルフポートレートによる作品展です。写真、映像、立体作品などのほか、メインには横4m×縦5mという、制作可能限界にまで大きく引き伸ばしされた写真作品を展示します。

開催期間
2014年9月23日(火)~9月28日(日)
開館時間
11:00~19:00(※月曜休館・最終日は17:00まで)
開催場所
SPACE A
展示内容
写真
作家名
八木 慎二郎 YAGI Shinjiro

制作動機について

私は大学に入学してから今日までの六年間、自分自身を被写体としたセルフポートレイトによる作品制作を行っています。

幼い頃から、伝えたいことを言葉で説明することも文章にすることも苦手だった私は、なかなか自分の気持ちを理解してもらうことができず、いつの間にか自分の気持ちは内側に溜め込むようになり、自分を殺すことで周囲との関係を維持することを覚えました。しかし次第に「自分を殺して生きる」ということに違和感を覚え、疑問を感じ始めました。

「自分は何をしているのか?」、「自分とは何なのか?」と自問自答を繰り返し悩んでいたとき、私は大学で写真表現を学び、セルフポートレイトを自己表現の手段に選びました。自分自身にカメラを向けて撮影すると自分の姿が写った写真が生まれる。当たり前のことなのに私は深く感動しました。

どれだけ自分を撮影しても被写体としての新鮮さが変わることはありません。
それほどに私は「自分」というものに惹き付けられています。
「自分とは何か?」
だれでも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

しかしそんな答えのでない、考えれば考えるほど分からなくなる、この「永遠のテーマ」と向き合い続けることのできる人は数少ないと思います。もし、逃げずに正面から「自分」と向き合い続けるとどうなるのでしょうか?私の興味はきっとそこにあるのだと思います。自分を撮ること、撮り続けること、その先に何が見えてくるのか。何も見えないのかもしれない。
それでも私は「自分」と向き合い続けたい。

140923yagi.jpg



制作作品について

今回の個展では、写真、映像、立体作品など様々な形で作品を展示したいと考えていますが、メインになる大きな作品も展示したいと思い、制作可能限界にまで大きく引き伸ばした写真作品を制作したいと考えています。

サイズは、およそ横4m×縦5m。制作方法は、デジタルではなくアナログにこだわり、フィルムで撮影したネガを引き伸ばし機で白黒印画紙に露光し、暗室で現像作業を行います。作業量、コスト、制作時間などを考えるとデジタルの効率と完成度の高さにはなかなか及ばないかもしれません。

それでも私がアナログ制作にこだわるのは、
「いかに私自身が作品に力をこめることができるか。」
「いかに作品から私のエネルギーを感じることができるか。」
この二つをアナログによる作品制作は満たしてくれると信じているからです。




展示風景

140923yagi-a0-1.jpg

140923yagi-a0-2.jpg

140923yagi-a0-3.jpg

140923yagi-a0-4.jpg



140923yagi-a1.jpg

140923yagi-a1-1.jpg

140923yagi-a2.jpg

140923yagi-a3.jpg

140923yagi-a4.jpg

140923yagi-a5.jpg



140923yagi-aa.jpg

140923yagi-ab.jpg

140923yagi-ac.jpg

140923yagi-ad.jpg




八木 慎二郎 YAGI Shinjiro

略歴

八木 慎二郎

1991年 兵庫県生まれ 兵庫県在住
2013年 宝塚大学 造形学部 産業デザイン学科 写真コース 卒業
    宝塚大学 大学院 修士課程 メディア・造形研究科 入学

主な個展
2011年 「叫び」 GUILD Gallery_temporary、大阪

主なグループ展
2009年 大阪写真月間「写真家150 人の一坪展」 ニコンサロン、大阪
2010年 ピンホール写真展「0.3mm の眼」 Bloom Gallery、大阪
2012年 第37回「JPS展ヤングアイ部門」 東京 広島 名古屋 京都、各地巡回
    「国際交流写真展」 黒滝江省美術館、中国
    「芦屋写真展」 芦屋市立美術博物館、兵庫
    「国際交流学生写真展」 宝塚大学本館展示スペース、兵庫
    「宝塚大学写真コース卒業制作展」 ニコンサロンbis 大阪、大阪
2013年 「photo exhibition of asian Student - アジア学生写真展-」 ソウル科学技術大学、韓国
    「Developing Photo Exhibition vo.4」 海岸通ギャラリーCASO、大阪
    「AMA 展2013 SHASHIN Festa」 近松記念館、兵庫
2014年 「協同企画展おんさ vol.7」 映像部門 出展 gallery Main、京都

Back

PAGE TOP