展覧会情報 Boarding location 5

「コミュニケーションの大きな資源」


私たちは自分のことも他者のことも知りうることのない苛烈な状況を生きる中で、それでも社会という名の共同体を保持するために、不明のあなたと手を結ぶことを再び躊躇しない道を進もうとしている。

私たちをつなぎ得る何かは、ほとんど見いだせないかもしれないが、もしかするとそのひとつかもしれないものが始原である。

断片や反復ではないということから、わたしたちがいかに共にあることが可能かを探究するデザインがこの Boarding Location 5の立つ位置である。

出展者は2013年度京都造形芸術大学の卒業制作展から選抜されたメンバーであり、それぞれが他者との関係を問うたその軌跡である。

開催期間
2014年6月24日(火)~6月29日(日)
6月29日(日) 13:30~16:00 トークショー&パーティー
開館時間
11:00~19:00(※月曜休館・最終日は17:00まで)
開催場所
SPACE C, D, X
展示内容
Boarding Locationインスタレーションテキスタイルデザインメディアアート京都造形芸術大学写真映像
作家名
近森由里 CHIKAMORI Yuri
鬼頭祈 KITOU Inori
五十嵐可菜 IGARASHI Kana
崔ドゥリ CHOI Doori
小島理央 OJIMA Rio
上坂幸代 KOSAKA Sachiyo
大西美紀 ONISHI Miki
本田直美 HONDA Naomi
奥田さゆり OKUDA Sayuri
山岸拓矢 YAMAGISHI Takuya
名切弥月 NAGIRI Mizuki
平松繭子 HIRAMATSU Mayuko
三好沙也加 MIYOSHI Sayaka
中嶋衿茄・加藤美和 NAKAJIMA Erika, KATO Miwa
TALKSHOW
 6月29日(日) 13:30-14:30
  吉行良平(デザイナー)
  廻はるよ(モデレーター)

PARTY
 6月29日(日) 15:00-16:30


 企画 廻はるよ(京都造形芸術大学)
 後援 京都造形芸術大学
 協力 京都造形芸術大学芸術学部空間演出デザイン学科
 お問合せ 075-791-9359


140624boarding location kyoto-zokei.jpg

2014年2月 京都造形芸大 卒展風景(空間演出デザイン学科)




展示風景

SPACE C

140624boardingLocation5-c0.jpg



SPACE D

140624boardingLocation5-d0.jpg



SPACE X

140624boardingLocation5-x0.jpg

SPACE C 中嶋衿茄・加藤美和 NAKAJIMA Erika, KATO Miwa

「ACT」

一瞬の行為を服に加える。
そこから生まれる新しい服との生活。

SPACE C 名切弥月 NAGIRI Mizuki

「scraptone」

普段の生活の小さなハプニングから始まった、生活の中に潜在する音を最良の形で保存する、という意味でのフィールドレコーディングの収集。

SPACE C 大西美紀 ONISHI Miki

「『雑』という名の草はない」

植物と雑草の違いは何だろうか。「雑」と付けるだけで負のイメージが付く。朝顔は雑草?…

SPACE C 上坂幸代 KOSAKA Sachiyo

「wrinkle -しわ-」

私たちは色々なものを"しわ"と呼んでいる。
揺らめく旗のしわ、眉間のしわ、祈りじわ。
明らかに種類の違う、その"しわ"たちの境界線をみつけました。

SPACE C 崔ドゥリ CHOI Doori

「Onsaemiro」

ハングルの形はどのように生まれたのか。
文字の形には理由があることを伝えると同時に、ハングルを学び楽しさを見つけてもらう。

SPACE C 五十嵐可菜 IGARASHI Kana

「Little morning chef」

朝を気持ち良く過ごすための、ちょっとした朝ごはんの提案。

SPACE D 近森由里 CHIKAMORI Yuri

「mskii 【imagine i kill savage mammals】」

想像してみて、わたしが野生の哺乳類をころすとこ。想像してみて、と言った頃にはもう、わたしは山の匂いに包まれていた。 そんな匂い、分かるわけないよ、とあなたは言うだろう。けれど、土の匂いはあなたにも思いだすことができる。 だから、想像してみてほしい。わたしはこの間、一匹の小鹿を殺した。

SPACE D 山岸拓矢 YAMAGISHI Takuya

「AUDIO CITY DATE」

一人旅用、街のオーディオガイド京都編。
歴史、風俗、サブカルチャーに詳しいそれぞれ女子が、京都の街を一緒に歩き、紹介してくれる。

SPACE X 三好沙也加 MIYOSHI Sayaka

「希望の服」

「服は、種からできている。木綿を種から栽培し、手をつかい糸を紡ぎ、染め、織り、一着のコートをつくった物語。」

SPACE X 平松繭子 HIRAMATSU Mayuko

「Family? ~家族について考える人たち~」

5組8人の方から「家族観」を主に話を聞き集めまとめたインタビュー本。

SPACE X 小島理央 OJIMA Rio

「NOMADBED」

パソコンさえあればそこがオフィスになるように、どこにいてもベッドがあればそこは寝室になる。

SPACE X 鬼頭祈 KITOU Inori

「桃花源記 

中国四世紀の詩人、陶淵明の作品『桃花源記』は、古くから世界につたわる、ユートピアを題材にした物語です。
桃源郷へのあこがれと祈りを込めて、書画の形で桃花源記をしたためました。

SPACE X 本田直美 HONDA Naomi

「and they're creating it」

ガラスの器を制作している途中で、偶然にも石膏に生えたカビと出会った。 自分が制作しているはずのものが他の生き物によって制作されている。

奥田さゆり OKUDA Sayuri

「NATAL」

重なって 削られて 磨かれる。何百年もの時の流れを紙で表現した。

Back

PAGE TOP