展覧会情報 pallalink 「REFLECTIONS 3  「地球」 」

Pallalink Exhibition REFLECTIONS3
  地球 - the earth

  今回は液晶プロジェクター2台による『地球』を表現した高さ4.5メートル、幅12メートルの
  巨大な映像作品です。
  映像は1枚の写真を折り返し、重ね合わせるプロセスにより生み出されています。
  作品のコンセプトである「単純なものから複雑なものへのダイナミズム」を体験できる
  巨大なインスタレーションとなります。
  「REFLECTIONS」シリーズとは、アートを構成する様々な要素が響きあうことにより、
  さまざまな予感に満ちた空間を提示するものです。

開催期間
2008年7月29日(火)~8月3日(日) 休館日なし
開館時間
11:00~19:00 (最終日は17:00まで)
開催場所
SPACE C
展示内容
インスタレーションメディアアート映像音楽音響
作家名
PALLALINK
 東陰地正喜
  HIGASHIONJI masaki
 西川文章
  NISHIKAWA bunsho
 palla/河原和彦
  palla/KAWAHARA kazuhiko
・協力:
  キヤノン株式会社
  Gallery Kai
  海岸通ギャラリーCASO


Pallalink Live!
   2008.08.03 (sun)   16:00 - 17:00   at CASO room C




展示風景

080729pallalink-c.jpg

080729pallalink-c1.jpg

080729pallalink-c2.jpg

080729pallalink-c3.jpg

080729pallalink-c4.jpg

080729pallalink-c5.jpg

080729pallalink-c6.jpg



080729pallalink.jpg


東陰地 正喜
HIGASHIONJI Masaki

1969年生まれ
 京都大学文学部哲学科卒
 大阪芸術大学付属大阪美術専門学校映像学科卒
 映像作家。グラフィックデザイナー
 KIRIN ART AWARD 2000 奨励賞

西川 文章
NISHIKAWA Bunsho

1975年生まれ
 ギター演奏家 音響エンジニア
 NPOビヨンドイノセンスを立ち上げ、サウンドアートスペース『ブリッジ』にて内橋和久らと共に活動
 国内外に数多くの共演者を持ち、ヨーロッパ、アメリカでのツアーを行なうなど海外でも高い評価を得ている。

palla / 河原 和彦
palla / KAWAHARA Kazuhiko

1969年生まれ
 大阪市立大学建築学科卒
 10年間、建築設計に携わる
 2006 写真新世紀 優秀賞
 2007 岡本太郎現代芸術賞 入選

Pallalink

Pallalink
 東陰地 正喜、西川 文章、palla/河原 和彦の三人によるグループ。
  2003 個展「pre-pallalink」Limギャラリー 大阪
  2004 作品集「The book of pallalink」
  2005 個展「Creatures of the City」月眠ギャラリー 大阪
  2006 写真新世紀2006 受賞作品展 東京都写真美術館 東京
  2007 企画展「artist pick up: Cityscape」remo 大阪
  2007 企画展「都市・大阪」CASO 大阪
  2007 個展「REFLECTIONS」CASO 大阪
  2008 個展「REFLECTIONS2/『奈良』響きあう森」奈良県立図書情報館
  2008 第11回岡本太郎現代芸術賞展 川崎市岡本太郎美術館

 WEBサイト: http://www.pallalink.net/
 インタビュー:
   http://www.pingmag.jp/J/2006/12/21/pallalink-twisted-symmetrie-photographs-2/
   http://www.wired.com/culture/art/magazine/15-12/pl_arts
   http://elpais.com/diario/2008/01/04/tendencias/1199401202_850215.html

Back

PAGE TOP