展覧会情報 福田新之助、三村逸子、山本修司、中西圭子、山田浩之 「Traffic-5 (ファッションと美術のTraffic -5つの個展)」 

一人のファッションデザイナーと四人の美術家の構成。
加藤義夫(インディペンデント・キューレター)のプロデュースによる、ファッションと美術のコラボレーションを交えた5つの個展。
共通テーマは、『カジュアル』。

共通テーマ『カジュアル』のもと、ファッションデザイナー山田浩之は、カジュアルな色彩「ピンク」をメインに制作する。
各美術作家、福田新之助、山本修司、中西圭子、三村逸子は『カジュアル』をそれぞれ、どのように受け止め、ファッションとのTrafficを試みるかが展覧会の核になっております。

シンポジウムを開く予定です。朝日新聞、月曜の朝刊の連載などでご活躍の、藤本憲一先生と、この度のキューレションをして戴いている加藤義夫氏をメインに、出品作家も加わり「カジュアルな」シンポジュウムを企画しております。

開催期間
2005年11月9日(水)~11月20日(日) 会期中無休
開館時間
11:00~19:00(最終日のみ17:00)
開催場所
SPACE A, B, C, D, X
展示内容
インスタレーションドローイングファッション絵画
作家名
Space A 福田新之助
 FUKUDA Shinnosuke
Space B 三村逸子
 MIMURA Itsuko
Space C 山本修司
 YAMAMOTO Shuji
Space D 中西圭子
 NAKANISHI Tamako
Space X 山田浩之
 YAMADA Hiroyuki
・シンポジウム 『世界のカジュアル傾向を考える』
  パネラー/藤本憲一(武庫川女子大学生活環境学部情報メディア学科助教授)
        加藤義夫(インディペンデント・キューレター)
  11月12日(土)午後3時半より5時まで、無料、参加自由




「カジュアルなTraffic-5」  加藤義夫(インディペンデント・キューレター)

福田新之助「カジュアルなTraffic-5」 
      加藤義夫(インディペンデント・キューレター)

今、現代美術は、フォーマルからカジュアルに向かっているといえるだろう。
ファッションの中のカジュアルスタイルと現代美術のカジュアル化に注目したい。

ファッションとは、流行であり、多くは服装や髪型を意味する。
それは、生活空間の美でもあり、時代の精神を流れるように表現することでもある。
それに対し現代美術とは、真理や普遍性といったものの探究であり、時代精神を語るものだ。
時代精神の提言者として、ファッションも美術も同じ地平に存在してきた。また一方、このふたつは、既成概念を打ち破り変革していくという価値の変換という大きな目的を共有してきた。
世界的にファッションも美術もドレスダウンしてカジュアル化する中、互いを交通させ横断することで、見え隠れするものがあるとすれぱ、それは時代精神の息吹なのかもしれない。

本展「ファッションと美術のTraffic-5つの個展」では、一人のファッションデザイナーと四人の美術家による個展形式で、ファッションと美術のカジュアルスタイルに、それぞれのアーティストの時代精神の風を感じていただけれぱと思う。

今、キーワードは「カジュアル」にある。




福田新之助 FUKUDA Shinnosuke A室(タブロー)

051109fukuda1.jpg
(左)マイスクール 2005年制作 292×208㌢ 紙にオイルパステル
(右)気まぐれ 2005年制作 292×208㌢ 紙にオイルパステル



テーマ:蘇生

内容:
 さまざまな現実あるいは歴史から、人間の「蘇生」をテーマに絵画化する。 

カジュアルについて: 
 これはちよっとおかしな表現かもしれないが、気軽にくつろいで観ることの出来る (カジュアルな)蘇生。 
 そんな状態が、はたして私に表現できるだろうかという自虐的な魅力の追求。 (これは私の、創造世界の臨界点の見極めであろう) 


作家略歴
1959 大阪市生まれ
1982 大阪芸術大学芸術学部芸術学科卒業
1986 渡仏[~'87]

■個展
1982 ギャラリー彫刻画夢(大阪) 中村画廊(大阪)
1983 ギャラリー白[~'85,'87,'88,'90,'95~'05] (大阪)
1984 ノースフォート(大阪) Gallery Space to Space(名古屋)[~'86]
1985 ギャラリーVlEW(大阪)['90]
1986 シティギャラリー(神戸)
1992 ラヴコレクションギャラリー(名古屋)
1993 ブレーンセンターギャラリー(大阪)
1994 ギャラリーふたば(名古屋) 創庫美術館(新潟)
1995 ギャラリーエスプリヌーボー(岡山)['98,'99,'00,'02,'03,'05]
2001 Xa104ロードサイドミュージアム(広島) ギャラリーOH(一宮)
2004 ギャラリー白3 (大阪)
2005 ギャラリー白3 (大阪)

■受賞
1986 ヌーベルバーグインつかしん 大賞 毎日新聞社賞

■パブリックコレクション
 オーチャードギャラリー
 徳島県立近代美術館
 日本写真映像専門学校
 上田安子服飾専門学校
 甲南高校
 湘松高校
 名古屋芸術大学

■グループ展(2000以降) 
2000 倉敷演劇祭 天領講談舞台美術 (芸文館・倉敷) 
     アートマルシェ (大阪国際会議場・大阪)['01]
     存在と契約/西方からの提言-福田新之助+小西祐司 (名古屋芸術大学ギャラリーBE/be・名古屋) 
2001 冬の座(ギャラリー白・大阪)
     風と大地 (アートギャラリーフジハラ・大阪)
2002 同時代の作求達(ギャラリー千・大阪) 
2003 平成十五年冬の座(ギャラリー白・大阪) 
2004 春の座(ギャラリー白・大阪) 
2005 春の座(ギャラリー白、ギャラリー白3・大阪)

051109fukuda-a1.jpg

051109fukuda-a2.jpg

051109fukuda-a3.jpg

051109fukuda-a4.jpg




 

三村逸子 MIMURA Itsuko B室 (タブロー、ドローイング)

051109mimura1.jpg
内なる存在100-02-2
2002年制作 F100
キャンバスにアクリル、オイルスティック



テーマ:内在する不快感

内容:
これまで私は直接目には見えないけれど、中心で生命を支えている種子や
心臓の形などを借りて「生命」を表現してきた。

今回はカジュアルに「感情」を描くことにした。これも目には見えないものであ
るが、悟られやすいカジュアルさがある。


略歴
1959 神戸市生まれ
1982 大阪芸術大学美術学科卒業
1986-1987 渡仏

■2000年以降主な個展
2000 アートマルシェ(大阪国際会議場・大阪)
2001 ギャラリー白(大阪)
2003 ギャラリー白(大阪)
2004 itohen(大阪)
2005 海岸通ギャラリーCASO(大阪)

■2000年以降主なグループ展
2000 アートマルシェ(大阪国際会議場・大阪)
2001 冬の座(ギャラリー白・大阪)
    柿ノ木プロジェクト高知県立美術館・高知)
    小品展(ギャラリーVie・神戸)
    凪と大地(ギャラリーフジワラ・大阪)
    アートマルシェ(大阪国際会議場・大阪)
2002 同時代の作家達(ギャラリー千・大阪)
    西方からの提言(企画)-風の方向 (名古屋芸術大学ギャラリーBE/be・名古屋)
    コールハート辰(下関美術館・山口)
    代官山アートフェア2002(ヒルサイドフォーラム・東京)
2003 平成十五年冬の座(ギャラリー白・大阪)
2004 春の座(ギャラリー白・大阪)
    oil on paper(ギャラリー白,ギャラリー白3・大阪)
2005 春の座(ギャラリー白,ギャラリー自3・大阪)
    oil on paper(ギャラリー白,ギャラリー白3・大阪)
    画中の言説〈ディスクール〉(ギャラリー風・大阪)
    ライブペインティング・大阪造形センター(大阪)

■その他
1994 倉敷市演劇フェスティバル94「トーイボックス」
    舞台美術及び公開制作(倉敷芸文館・岡山)
1995 倉敷市文化祭 倉敷演劇研究会 舞台美術(倉敷芸文館・岡山)

■パブリックコレクション
2002名古屋芸術大学

051109mimura-b1.jpg

051109mimura-b2.jpg

051109mimura-b3.jpg

051109mimura-b4.jpg





山本修司 YAMAMOTO Shuji C室 (平面、環境ランドスケープ)

051109yamamoto1.jpg
(左) '03Wbeach 小石、砂 96.5x127.5x6.0cm
(右) '03Yo,river 小石、砂 65.0x248.5x7.5cm



内容:
今、の状況を、単純な素材でシンプルな手法により表現する。

カジュアルについて:
普段を意味するこの言葉を、ビジネスでも模型を作っている私は、人形(フィギャー)を作品の中に入れ新たな傍観者になる。


作家略歴
1959 愛媛県松山市に生まれる
1982 大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業

■主な個展
1980 田都画廊(松山)
1981 ギャラリー白(大阪)
1983 信濃橋画廊(大阪)
1984 信濃橋画廊(大阪)
    信濃橋画廊(大阪)
1985 ギャラリー白(大阪)
1986 信濃橋画廊(大阪)
1990 信濃橋画廊(大阪)
1995 ギャラリー白(大阪)
1996 ギャラリー白(大阪)
1997 ギャラリー白(大阪)
1998 ギャラリー白(大阪)
2000 ギャラリー白(大阪)
2002 ギャラリー白(大阪)
2004 ギャラリー白(大阪)
    Xa104ロードサイド・ミュージアム(広島)
    ミュゼ里山房(松山)

■主なグループ展
1981 現代美術ING(紀ノ国屋ギヤラリー・松山)
1983 Lunatic Room Exhibition(神戸現代美術ギャラリー・神戸)
    YES ART 2(ギャラリー白・大阪)
1994 Just Nice-To-Have Pieces(ギャラリーエスプリヌーボー・岡山)
1995 洛外芸術展(ギャラリー白・大阪)
    洛外芸術展(ギャラリーシーラ・テグ/韓国)
1997 洛外芸術展(中央美術学院画廊・北京/中国)
1998 寫(ギャラリー白・大阪)
    アーケードアーツ イン ナカマチ(中町商店街・大津)
2001 アート・マルシェ2000(大阪国際会議場・大阪)
    冬の座(ギャラリー白・大阪)
    夏の座(アートギャラリーフジハラ・大阪)
2002 同時代の作家達(ギャラリー千・大阪)
2003 冬の座(ギャラリー白・大阪)
2004 春の座(ギャラリー白・大阪)


051109yamamoto-c1.jpg

051109yamamoto-c1-2.jpg

051109yamamoto-c2.jpg

051109yamamoto-c3.jpg

051109yamamoto-c4.jpg





中西圭子 NAKANISHI Tamako D室 (ドローイング)

051109nakanishi1.jpgドローイング作品


テーマ:Drawing Diaries

内容:
紙に鉛筆で描いた、日々のドローイングを展開する。


中西圭子略歴
1999 個展(ギャラリー風・大阪)
2001 個展(ギャラリー砂翁・東京)
    名古屋コンテンポラリーアートフェア(名古屋市民ギャラリー)
    静かな美術(画廊ぶらんしゅ・大阪)
    Sazare展(ギャラリー風・大阪)
2002 Asian Issues of Femininity (Lehman Collage Art Gallery・ニューヨーク)
    名古屋コンテンポラリーアートフェア(名古屋市民ギャラリー)
    季節のゆくえ(大阪芸術大学体育館ギャラリー)
    個展(Gallery Den 移転記念企画・大阪)
    個展(ギャラリー風・大阪)
2003 Web版個展(SELF-SO アートギャラリー・大阪)
    グループ展(ギャラリー風雅・大阪)
2004 個展(美濃ちどり企画 ギャラリーカンディード・東京)
    二人展(松岡美子と、ギャラリー風・大阪)
    モノクローム展(Gallery Den・大阪)
2005 画中の言説-ディスクール-展(ギャラリー風+大阪造形センター・大阪)
    2005年アジア女性美術祭典(韓国・ソウル)

■出版物
1995 素描集「Paper Leaves」(紫紅社)刊行
1999 素描集「Paper Leaves vol.2」(紫紅社)刊行
2002 素描集「Paper Leaves vol.3」(紫紅社)刊行

051109nakanishi-d1.jpg

051109nakanishi-d2.jpg





山田浩之 YAMADA Hiroyuki X室 (ファッションデザイン)

051109nakanishi-d3.jpg

051109yamada1.jpg

デザイナー: 山田浩之 YAMADA Hiroyuki
ブランド名: YAMADA TAILOR'S ヤマダテイラーズ 


展覧名: [PlNK]ピンク 

ファッションにおいて色彩は重要な要素であり、ファッションと色彩の関連性についてはさまざまな立場の視点や側面により記述されている。
今回は対時する象徴的な意味を多く含有する色『PlNK』をテーマに設定し、PlNK(色彩)とファッションに付加している多様な意味の提案を試みます。

更に今回は京都でヘアーサロン経営の傍らヘアーの境界を拡張し続けるヘアーアーティスト向井章 (むかいしょう)との共同作業を実現しています。
ファッションとヘアーの領域を美術ギャラリーで展示することはファッション、ヘアーの楽しさをダイレクトに伝えると共に新たな地平を切り拓くと確信しています。


山田浩之 (やまだひろゆき)

1963年 京都市生まれ
1981年 京都市立洛陽工業高等学校/繊維工学科卒業
1993年 上田安子服飾専門学校/アパレルグラジュエイト学科4年卒業
1993年 同校常勤講師
1996年 同校専任教員

個展、ショーほか創作活動
1993年 KFK関西ファッション文化協会会員、「KFKCOLLECTION」に参加、
      年1回及び2回のコレクション発表/1993~2004
1995年 創好会(UNIVERSAL CREATION CLUB)会員
      [大江瑞子、山田浩之、山下博によって発会。
      モードを中心にファッションになるもの全てのクリエイションを目指す]
      1997.1998「CREATION SCIENCE B/S」を開催。
      [衣服,CG,映像,音,舞台をクリエイションサイエンスで切る新たなる提案]
1997年 YAMADATAILOR'S (ヤマダテイラーズ) 設立
1998年 「THE SHOP HEXAGON」 (長谷六角ビル/京都烏丸六角)
      「PANOPTICON」 (神戸ファッション美術館/6Fオルビスホール)
      京都デザイナーズコレクション「KD5」 (四条河原町阪急百貨店/京都)
1999年 20世紀&21世紀Uedaオートクチュールコレクション参加
      (神戸ファッション美術館6Fオルビスホール/神戸)
2001年 KYOTO VOGUE 2001 in永観堂 (永観堂禅林寺御影堂/京都)
      「THE GARDEN 2001」in平安会館 (平安会館/京都)
      KYOTO VOGUE 2002 The Party-着倒れ京都復活-
      (京都ホテルオークラ/京都)
2002年 DlGlTAL&FASHION INTERNATION FESTIVAL 2002
      デジタル&ファッション国際フェスティバル(大阪産業創造館/大阪)
2003年 京都錦市場商店街振興組合創立40周年事業
      EDO FASHION+MODERN FASHION IN NISHlKI KOJI SHOW
      「バイクファッションアワード2003 IN 渋谷109」グランプリ受賞(渋谷109/東京)
2004年 個展「洛中回廊」-魚の姿-(ギャラリーそわか/京都)

[衣装デザイン]
1992年 JR西日本"オリエントエキスプレス"ユニホームデザイン
      車掌、パーサー等のユニホームデザイン
1993年 舞台衣装「神々の島」(ライターズカンパニー)
      衣装デザイン、衣装製作(近鉄小劇場/大阪)
1995年 御堂筋パレード「カプコン/ストリートファイター」
      フロート衣装デザイン、衣装製作(御堂筋/大阪)
1996年 滋賀県警鼓笛隊オフィシャルユニホームデザイン
1996年 香川県警鼓笛隊オフィシャルユニホームデザイン
1996年 御堂筋パレード「NTT」フロート衣装デザイン、衣装製作(御堂筋/大阪)
1997年 広島フラワーフェスティバル「NTT/DoCoMo」
      フロート衣装デザイン、衣装製作(広島)
      なみはや国体秋季大会開会式催事コスチュームデザイン
      衣装デザイン、衣装製作(長居陸上競技場/大阪)
1993-1996年
     京都市内のホテル各セクションユニホームデザイン

051109yamada-x1.jpg

051109yamada-x2.jpg

051109yamada-x3.jpg

051109yamada-x4.jpg

Back

PAGE TOP