展覧会情報 2004年の展覧会・イベント一覧

  • Dot

      自分とは何であろう?   他者とは何であろう?   自分と他者との間には何がある? 今の流行は、クールに上辺だけで創られたものが格好いいとされやすい。 若さからくる無鉄砲さや …

    開催期間 / 2004年12月29日(水)および12月30日(木)

  • 吉岡佐和子 「NUDIBRANCHIA」

    海底に潜む無限のキャンパス。 臆千万ものカラーチップが、実は生物として生殖している。 有機的に奇妙な繋がりを放ちながら、それらは海の神秘をたたえ、私の夢の中に入り込む。 鮮やかな …

    開催期間 / 2004年12月15日(水)~12月26日(日) 休館日なし

  • 植松琢麿 「ceremony」

    「人は誕生日をはじめ、生においての節目に花を贈る習慣があります。それは、遺跡の中から花粉が発見されたように、先史の時代から人間が花のもつ美や香りに根源的にかかわり、美を認識できる動 …

    開催期間 / 2004年12月15日(水)~12月26日(日) 休館日なし

  • 谷口正典展

    谷口正典個展 Masanori TANIGUCHI exhibition 2004 スケートボード仲間らを捉えた、プライベートな写真作品約30点を展示。 谷口正典は2000年、写 …

    開催期間 / 2004年12月15日(水)~12月26日(日) 休館日なし

  • チャウス(矢島慎一、高橋宗正、森澤ケン) 「チャウス展1~導かれし者たち~」

     CHAUSU1 : Chapters of the Chosen  高橋宗正、森澤ケン、矢島慎一による写真集団。  「チャウス」とは写真の力を信じる3人の男が構成する写真集 …

    開催期間 / 2004年12月15日(水)~12月26日(日) 休館日なし

  • 原憲太郎展

    原憲太郎による初の個展。自らの身体を描いた平面作品6点の展示。 身体が平面の中に染み込むように描かれており、作品に近づき目を凝らさなければ見えないほどである。それは今にも消えそう …

    開催期間 / 2004年12月1日(水)~12月12日(日) 休館日なし

  • 松尾真由美 「Put your hand in the air」

    松尾真由美さんによるインスタレーション。 この作品では、私達の社会の自由さと不自由さ、「本音」と「建前」の微妙なバランス、体にしみこんだその二面性のもたらす危険性を表現します。

    開催期間 / 2004年12月1日(水)~12月12日(日) 会期中無休

  • 山部泰司 「山部泰司展 1980年代~2004年 咲く力 / 今の絵 / GOLD PAINTING」

    今回の山部泰司展は、1987年の「咲く力」から1990年代の「今の絵」を経て、2004年の「GOLD PAINTING」に至る流れを概観する展示になります。 是非、御高覧下さい。  …

    開催期間 / 2004年12月1日(水)~12月12日(日) 休館日なし

  • 濱口直巳 「水のある風景」

    地面から生える、蝋(ろう)でできた人の背丈ほどの睡蓮を空間に設置。 見る側のイマジネーションは、「水面に浮かぶもの」のシンボルとして設置された睡蓮によって、どのように広がるのだろう …

    開催期間 / 2004年11月17日(水)~11月28日(日) 休館日なし

  • 井上仁人 「奉祝! 第1回 にんげん祭り」

    私はこの地球の薄い皮1枚のうえにある混沌として雑然とした人間社会の一員である。 私は、この不条理に満ち満ちた混沌とした社会が好きだ。不規則、不条理は喜怒哀楽にも似てとても人間的だ …

    開催期間 / 2004年11月17日(水)~11月28日(日) 会期中無休

1  2  3  4  5Last

PAGE TOP