展覧会情報 三嶽伊紗 「測距儀-遠景の座標」

この展覧会は2月27日まで京都芸術センターにて開催された展覧会の延長線上の同じタイトルを持つ展覧会です。期しくも、海岸通ギャラリーCASOでの展覧会が決まったほぼ同時期に京都の展覧会も決まり、連続した2つの会場での大きな展覧会になりました。

今回の展示は何かを測るための物(作品)を主に展示していますが、観る人には同じような物(作品)の展示ではあるものの位置関係や距離による微妙なズレや差違を感じさせます。しかしながら、作家の意図は観る人にそれらのことを感じさせるというより、自身の感じている表現の問題を自らの問題として呈示しています。

強いて言うならば作家の根源である芸術に拘わる基準の呈示でもあり、問いかけでもあります。芸術としての「見かけ」、「見え方」の問題というより、自身の芸術を思考する基盤の、芸術を感知、認識する「測り」の終わりのない基準探しの問題であります。

三嶽伊紗という作家がどのように考え何を呈示しようとしているのか考える機会は、観る人にひょっとして新たな芸術の存在を認識させるかもしれません。

(山口 孝)


企画: ギャラリーヤマグチ
協力: リスン

開催期間
2002年3月28日(木)~4月20日(土)
開館時間
11:00~19:00(※月曜休館・最終日は17:00まで)
開催場所
SPACE B
展示内容
インスタレーションギャラリーヤマグチ立体
作家名
三嶽伊紗 MITAKE Isa

展示風景

020326mitake-b1.jpg

020326mitake-b2.jpg

020326mitake-b3.jpg

020326mitake.JPG  020326mitake2.JPG

Back

PAGE TOP